慢性下痢を治す調理法

慢性下痢を治す調理方法を説明!

 

慢性下痢を治すためには、食生活を見直す必要があります。
早く、慢性下痢を治していくには、自炊は、必須となりますが、
その調理方法も、一種のコツ、法則があります。

 

手の込んだ美味しい料理をつくる必要は無いのです。
コツと法則を利用して、チャッチャッと短時間で調理
できる方法で、十分、狂った胃腸を改善させることができるのです。

 

慢性下痢を治す調理法記事一覧

慢性下痢を治す「煮しめ」 調理方法について 煮しめ とは、煮る と似ておりますが、ちょっと違います。煮しめ は、煮汁が残らないように時間をかけてじっくり煮る調理法です。煮汁が残らないように するために、時間がかけて加熱するので食材は、高いエネルギーを持つようになっていきます。慢性下痢を治す調理方法 としては、最も推奨したいです。代表的な料理がキンピラ筑前煮などが、代表的ですね。これは、カサゴ とい...

慢性下痢を治す「煮る」 調理方法について 水を使って、鍋で煮る という方法は、私が、最もオススメしている慢性下痢を治す調理方法です。とにかく、煮る という調理方法を利用してください。にんじん、だいこん、ごぼう・・・根野菜を、コトコト煮るなんてのは、最高です。加熱すれば、するほど、食材に熱のエネルギーがこもります。熱のエネルギーが不足している、慢性下痢の人にとっては抜群の効力を発揮する 調理方法です...

慢性下痢を治す「焼く」 調理方法について 慢性下痢体質を治そう というとき、”焼く”という調理方法は、適度に使ってください。”煮る” に比較すると、”焼く”という調理方法は、食事全体で多用しすぎると、身体のバランスがとりにくくなるからです。焼く ということは、火のエネルギーを直接的に食材に付与することになるので、食材は、強力なエネルギーを受けることになります。焼けば焼くほど、食材は、とてもエネルギ...

慢性下痢を治す「炒める」 調理方法について 慢性下痢体質を治そう というとき、”炒める”という調理方法は、適度に使ってください。”焼く” に比べると、サッと軽く火を通すだけ の調理法 というイメージがありますから、食材に火の エネルギー不足の軽い食材になりがちです。とくに、野菜を軽く、サラダ油を使って、軽く炒めるだけ の料理ですとビタミンが壊れにくい反面、おかず としてはエネルギーが不足してますし...

慢性下痢を治す「蒸す」 調理方法について 蒸す というのは、水蒸気をつかって、食材を加熱する調理方法です。蒸し料理は、熱のエネルギーの穏やかな 加熱料理になります。直接、火を当てるのではなく、水蒸気を熱の媒体にすることによって炎のエネルギーを、緩和しているわけです。この蒸す調理方法は、適度に使うべきです。メリットとして、メリット : 肉、魚などの、食材を穏やかに加熱できる。       栄養面が溶...

慢性下痢を治す「燻す」 調理方法について 結論から言うと、燻す調理方法は、下痢を治すためには、あまり使わない方が良いです。理由としては、熱のエネルギーが強すぎるからです。燻す という方法は、もともと保存食をつくるときの製法ですが、たまに、食材に風味をつけるために、あえて 燻す調理方法が使われます。スモーク と言ったりもします。もともと保存食をつくる製法ですから、水分は、できるだけ減らされるのです。...

慢性下痢を治す「電子レンジで加熱」 調理方法について 調理方法といえるかどうか わかりませんが、電子レンジで加熱することは、現代では、多いと思いますのでお伝えしたいと思います。電子レンジは、熱で加熱しているのではなく、電磁波を使って、食材中の水分を摩擦して加熱しているのです。”炎”を使った加熱は、炎の 熱のエネルギーが食材に添加されることで、食材にどんどんパワーが加わっていきます。ですから、通常の...