慢性下痢を治す調理法 炒める

炒める

 

慢性下痢を治す「炒める」 調理方法について 

 

慢性下痢体質を治そう というとき、”炒める”という調理方法は、適度に使ってください。

 

”焼く” に比べると、サッと軽く火を通すだけ の調理法 というイメージがありますから、
食材に火の エネルギー不足の軽い食材になりがちです

 

とくに、野菜を軽く、サラダ油を使って、軽く炒めるだけ の料理ですと
ビタミンが壊れにくい反面、おかず としてはエネルギーが不足してますし
消化難となってしまいます。

 

”炒める” という 調理方法は、火を軽く通すだけの 調理方法として
食材に、火のエネルギーを 強く 加えることがなく、
もともと 肉 や、魚 などに、使うには 有用です。

 

強火で、焦げ ができるまで 焼く という調理方法に
比べれば、サッと軽く 炒めるのは 食材を適度な性質のまま
保てるので、適度に使うのには 良いのです。

 

ですから、
夏の暑い時期 の調理方法 としては 暑い時期との調和として 良いでしょう。

 

しかし、
冬の寒い時期には、おかず に 熱のエネルギーが、不足しますから、
身体が冷えやすくなってしまいます。

 

冬の時期は、”煮る” 調理方法を、多く使うことで、
寒い冬を乗り越える 熱のエネルギーを得ることができるのです。

 

 

炒める には、サラダ油 を多く用いる ことになるので、
炒める歳には 使う油 にも
良質なものを 取り入れてください。

 

 

 

ちなみに・・・

 

私、鈴木なゆたが、炒める調理方法 を多く使うのは
猛暑日が続く、夏の日ですね。

 

やっぱり、猛暑日に、”煮る”調理方法を使った おかず を
食べ過ぎると、エネルギー過剰になりすぎて、体温調整が キツイですからね。

 

炒める は 夏って 感じです。

 

 

 

 

【注意! 炒めると 酵素 は、ほとんど ゼロになります!】

 

 

かんちがい が多いので、 ここで、説明しておきますね。
野菜炒め を食べる人も 多いと思います。

 

野菜には、酵素 がふんだんに 含まれていますが、
それは 生 の状態での 話です。

 

野菜 を、 一度 火 に 通したら、 酵素は、ほぼ 失活 して
効力を失います。

 

ですから、 野菜を食べる目的が 酵素を摂る という
ことに 重要な点があるわけですから、

 

野菜炒め は、酵素がゼロ であることを認識して
ほかの 生のおかず で酵素を補うようにしてください。

 

炒めた野菜 だけを 食べていると、消化酵素がゼロなわけ
ですから、消化不良を起こしやすく、
下痢の原因になります。

 

必ず、消化酵素の生きている 生の野菜 か 果物を
少量でも 同時に 食べるべき なのです。

 

 

繰り返し、説明しているのですが、
消化酵素の無い 食事 は、 胃腸を乱し
消化不良をつくり、そして 慢性下痢体質をつくります。

 

十分 注意するようにしてください。

 

 

 

 

 

【某 お弁当屋さんの ナス味噌炒め 弁当】
ナスを味噌で 炒めた おかず入り の お弁当です。
ナスが型崩れしない程度に、軽く炒める料理です。

 

とても美味しいですが、夏限定の軽い  炒め料理 となります。
ちなみに、このお弁当の内容では、

 

  • 消化酵素がゼロ
  • 有機酸ゼロ
  • 食物繊維ほとんど無し

 

 

ですから、

 

ほかに、酢のドレッシング、生野菜サラダや、生果物、などを添えて消化酵素を
補わないと、ダメです。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

炒める│慢性下痢を治す方法関連ページ

煮しめ 
慢性下痢を治す調理法 煮しめ
煮る
慢性下痢を治す調理法 煮る ついて
焼く
慢性下痢を治す調理法 焼く ついて
蒸す
慢性下痢を治す調理法 蒸す
燻す
慢性下痢を治す調理法 燻す
電子レンジ加熱
慢性下痢を治す調理法 電子レンジ加熱