慢性下痢を治す調理法 煮しめ 

煮しめ

 

 

慢性下痢を治す「煮しめ」 調理方法について 

 

煮しめ とは、煮る と似ておりますが、ちょっと違います。
煮しめ は、煮汁が残らないように時間をかけてじっくり煮る調理法です。

 

煮汁が残らないように するために、時間がかけて加熱するので
食材は、高いエネルギーを持つようになっていきます。

 

慢性下痢を治す調理方法 としては、最も推奨したいです。

 

 

 

 

代表的な料理が

 

キンピラ
煮しめ キンピラ

 

 

 

筑前煮
煮しめ 

 

などが、代表的ですね。

 

煮しめ 
これは、カサゴ という魚の 煮しめ です。

 

具財が 野菜、魚、に関わらず、工夫次第で
煮しめ 料理を作ることが可能です。

 

 

煮しめ料理は、
熱を使って、時間をかけて加熱していくので、食材が締まり
身体を温める作用をもつようになります。

 

この作用を ”陽性のエネルギー” と呼びますね。
マクロビとかやっている人は、知ってますよね?

 

慢性下痢の人は、胃腸が下垂して、身体がエネルギーが低下している状態
すなわち ”陰性”の状態 なので、

 

陽性の煮しめ料理は、慢性下痢体質に対して
絶大な効果を発揮するのです。

 

焼き料理と比較すると、その力は、マイルドで
過激さが無いので、身体に負荷がかからないともいえるのです。

 

 

 

”消化酵素を補え!”

 

ただ、当たり前ですが、煮しめ を行うと
消化酵素がゼロ になりますので、
他のおかず で必ず、消化酵素を補うようにしてください。

 

 

ご老人は、煮しめ料理が、好きな人が多いようですが、
身体に障る と思っているのか、生の食材をあまり食べずに、
煮しめ だけを 食べているように 思われます。

 

煮しめ料理は、緩んだ胃腸をもちあげる 最高の調理方法ですが、
こうした、消化酵素ゼロの食事を、毎日してますと、

 

消化するのに、体内の消化酵素を使いすぎて
慢性病のもと になりますので、ご注意ください。

 

 

 

 

”煮しめ には 砂糖をできるだけ使うな!”

 

煮しめ 料理には、砂糖をたくさん入れる ことが
多いと思いますが、砂糖は、慢性下痢体質にとって大敵
ですので、控えるようにしてください。

 

砂糖ではなく、ミリン などを使って、甘味をつけるか、素材の味で
楽しんでください。

 

 

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

煮しめ │下痢を治す関連ページ

煮る
慢性下痢を治す調理法 煮る ついて
焼く
慢性下痢を治す調理法 焼く ついて
炒める
慢性下痢を治す調理法 炒める
蒸す
慢性下痢を治す調理法 蒸す
燻す
慢性下痢を治す調理法 燻す
電子レンジ加熱
慢性下痢を治す調理法 電子レンジ加熱