六君子湯と下痢

六君子湯と下痢

六君子湯と下痢について説明しましょう。

 

 

六君子湯とは

 

  • りっくんしとう と読む
  • 胃腸の弱い人のための漢方の名称
  • 胃腸弱く、疲れやすく、胃炎、胃下垂、消化不良、下痢など
  • 人参・甘草・生姜・茯苓・陳皮・半夏・白朮・大棗
  • 虚弱体質で、胃腸が弱い人の代表的な漢方

 

 

六君子湯は、虚弱体質で、下痢が多くて、胃も弱いとうったえる人が
処方される 代表的な漢方です。

 

私、鈴木なゆたも、六君子湯は、一番多く服用した漢方だと思います。

 

私は、下痢地獄だったころ
漢方の処方をする内科医院、民間の漢方薬局など
複数件の相談に回りましたが、

 

まず、処方されるのが 六君子湯でした。

 

 

懇意にしていた薬剤師に、きいた話ですが、
経験の浅い、薬剤師が、”とりあえず安全をみて” 処方する代表が
六君子湯なのだそうです。

 

極端な誤診につながらない 便利な漢方というわけです。

 

六君子湯は、顆粒タイプで、お湯に溶かすものと
濃縮エキス状になっているタイプと、
生薬タイプと、それぞれ、試しています。

 

顆粒タイプが最も安価で、濃縮エキスがその次で、
生薬タイプは、とても高級です。

 

生薬タイプは、人参・甘草・生姜・茯苓・陳皮・半夏・白朮・大棗
などの生薬をそのままパックされたものです
ティーバックのような状態になっていて、土瓶で煎じた液を飲みます。

 

生薬タイプは1ヶ月間で 2万円くらいした と思います。

 

味や風味は、けして、マズイものではなく
ほのかな 甘味 を感じます。

 

苦味もほとんどありません。
とても飲みやすい部類に入ると思います。

 

 

 

はたして その効果 はどうか・・・

 

 

 

私の個人的な意見ですが、六君子湯だけで、
慢性下痢にアプローチするのは 無理がある
と思います。

 

六君子湯は、下痢を治す漢方というよりも
総合栄養剤なのです。
身体が衰弱した人を、活気付ける役割ですね。

 

ところが、ビタミン剤などが、手軽に買える現代では
総合栄養剤としての、漢方の役割は終えていると
私は、考えています。

 

コストも高すぎますし、効果を感じるまでに
時間がかかりすぎます。

 

また、漢方は、ある種の刺激をもって
身体を活性化させようとするもので、
肝臓に負担がかかってしまうのも、気にかかるところです。

 

 

 

六君子湯だけでなく

 

個人的には
慢性下痢を治すために、漢方に頼るのは、推奨しない
というスタンスです。

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

六君子湯と下痢関連ページ

下痢体質改善したい
下痢体質改善したい
しぶり腹と下痢
しぶり腹と下痢
冷え性と下痢
冷え性と下痢
ブチルスコポラミン臭化物と過敏性腸症候群
ブチルスコポラミン臭化物と過敏性腸症候群
インチキ整体師
インチキ整体師
雨天と下痢の関係
雨天と下痢の関係
胃のコリと下痢
胃のコリと下痢
便秘なのに下痢
便秘なのに下痢
胃腸が弱い人は、足が冷える
胃腸が弱い人は、足が冷える
胃腸を強化するのに筋トレは必要か?
胃腸を強化するのに筋トレは必要か?
緊張すると下痢の原因
緊張すると下痢の原因
ストレスで下痢になる
ストレスで下痢になる
お腹のコリを強力に除去する方法
お腹のコリを強力に除去する方法
慢性下痢にツボは効くのか?
慢性下痢にツボは効くのか?
運動不足と下痢
運動不足と下痢