コーヒーと下痢

コーヒー飲むと下痢

 

コーヒー飲むと下痢の関係を説明しましょう。

 

コーヒーは、私も、一時、中毒になるほど、好きで、
毎日1リットルほど、飲んでいましたが、
今では、全く飲まないか、飲んでも1杯程度にしています。

 

下痢が続くうちは、コーヒーは、NG食品の代表です。
飲んではいけません。

 

なぜかというと、
コーヒー は、 

 

  • カフェインが、交換神経を刺激して、胃腸の働きを鈍らせてしまう
  • 豆を焙煎したときにできる化学物質が胃腸を刺激する

 

 

という まさに 下痢を誘発しやすい食品にあたります。

 

食後に飲めば安心だ という声もありますが、 全く根拠はありません。
カフェインは、興奮する神経、交感神経を刺激して、胃腸の働きを、ダウンさせます。

 

ですから、食後に、コーヒーを飲むことは、消化不良になって
下痢をする原因になるので、注意してください。

 

そもそも、食後は、45分間 液体を飲むべきではありません。

 

 

コーヒーと下痢

 

また、カフェインが、胃腸を刺激する という情報もありますが、
あれも、デマでしょう。

 

カフェインは、栄養ドリンクにも、紅茶にも、コーラにも
かぜ薬 にも 入っています。

 

カフェインが、胃腸を刺激するのではなく、
コーヒー豆を焙煎したときにできる、化学物質が、胃腸を
荒らすのです。

 

この化学物質とは、抗酸化物質が酸化して生じたもので、
複数の物質で、構成されています。

 

胃腸が弱い人は、この物質で、刺激されて、下痢の原因
になるので、やめておきましょう。

 

コーヒーは、慢性下痢体質が治るまでNGです。

 

 

 

 

私は、一時期、コーヒー中毒となり、一日1リットル以上飲んでいましたが、
下痢が悪化したことと、心臓がドキドキするようになり、
今は、控えています。

 

 

 

 

 

 

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ