塩分と下痢

良質な塩を食べてください。

塩と下痢の関係を説明しましょう。

 

日本では、塩分を敵のように 扱う風潮があるのですが、
これが、日本人の健康をどんどん悪くするものである
と、私は、考えてます。

 

塩分控えめ とパッケージに書いてあると
商品の売れ行きがよくなるのです。

 

塩分が健康に悪いもの という刷り込みを
されているからです。

 

 

日本人の食事は、戦後、どんどん欧米化していき、
ファストフード化、コンビニ化 していってます。

 

大量にすばやく売れる、儲かる食品をつくる には、
栄養面よりも、濃い味付け とか 見た目 が
大事になってきます。

 

コンビニ弁当の野菜や、缶詰め、冷凍食品
は、大量の水にさらされて 食品本来のミネラルが
抜け落ちている だけでなく、リン酸Na という
添加物を、ぶち込まれています。

 

リン酸Naは、保存料の一種で
食品の色味を保ったりする力があります。

 

この リン酸Naは、体内のカルシウムを
大量に奪っていく成分です。

 

本来 ミネラルの乏しい 野菜のおかずは、
美味しさに書けますが、それを大量の
化学調味料で、ごまかしているのが現状です。

 

 

こんな 慢性的な ミネラル不足 に陥っているのが
私たち、日本人なんです。

 

あげくのはてに、ミネラルの宝庫である 天然の塩を
排除して、塩化ナトリウム だけを、大量に摂っている始末です。

 

 

良質な、天然の塩には、
カリウム、カルシュウム、マグネシウム、鉄 などの
微量ミネラルが、バランスよく入っていて、血液をつくり、
慢性下痢の原因でもある 身体の酸性化を中和し、
自律神経を整えてくれます。

 

キレやすい人が 増えているのは
ミネラル不足が、原因の一つです。

 

自律神経の不調は、慢性下痢の原因のひとつです。
下痢が続く人も 他人ごと じゃあ すまないです。
塩なくして、健康を維持することは、不可能といえるのです。

 

 

 

せっかく 塩 をとるなら、
良質な塩を とって、 ミネラル不足 を補ってください。

 

私が、オススメしていて、
私も数年の間 愛用している 良質の塩は、
「キパワーソルト」です。

 

キパワーソルトは、天然の塩を、燃焼させて、不要な悪いミネラル分を
そぎ落とし、人にとって、最適なミネラルになるように 商品化されているものです。

 

毎日の塩は、必ず 良質なものにしてください。
お料理につかったり、はもちろん。 私は、朝、起き抜けに 白湯に一つまみ 入れて
飲んでいます。

 

伝統製法で作られた塩

 

キパワーソルトは、普通の塩と違って、粒子がこまかく、パウダー状になってます。
味は、まろやか で、塩辛くないのが特徴です。
うまみ さえ 感じるくらいです。

 

うまみ を感じる というのは、 ミネラルを身体が必要としている
ということなのです。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

塩分と下痢関連ページ

鉄分
鉄分と下痢 慢性下痢を治す方法
日光
下痢を治す日光浴 慢性下痢を治す方法
乳酸菌
乳酸菌と下痢
たんぱく質
たんぱく質と下痢
香辛料
香辛料と下痢 慢性下痢を治す方法
ビタミンB
ビタミンBと下痢
脂肪
脂肪と下痢の関係
ビタミンE
ビタミンEと下痢
ビタミンC
ビタミンCと下痢
炭水化物
炭水化物と下痢
カルシウム
下痢を治すカルシウム