脂肪と下痢

脂肪と下痢の関係

脂肪 と 下痢の関係について説明します。

 

脂肪は、下痢が続く人にとっては、注意が必要な栄養素です。
現代人は、脂肪を摂り過ぎてます。

 

なぜかというと、
脂肪が 無い料理は、 うまい と思わないからです。

 

脂肪が少ない料理は、とても質素にみえて、 うまい!
と どうしても 思えないのです。

 

焼肉、ラーメン、カレー、牛丼、
みんなが大好きな 外食のほとんどが、
脂肪で ギラギラしている ものばかりです。

 

 

 

動物性と植物性

 

脂肪には、 動物性と植物性 があります。

 

動物性は、動物の肉からとれる 脂肪で、
外食で、食べる料理で うまい! と思うのは
だいたい 動物性の脂肪分のせいです。

 

お寿司の マグロ も脂肪のつき方で、トロ→中トロ→大トロ
と なっていくくらいです。

 

大トロ を 手にとって見てください。
ギラギラして、体温で、トローンと脂肪が、溶け出すくらいですから。

 

 

植物性の脂肪は、 植物の種子 から 採取される
植物性オイル が有名ですね。

 

菜種油、オリーブオイル、ココナッツオイル、などがあります。

 

 

植物性の脂肪は、 食事からは、量を、それほど
摂ることは、ありませんが、動物性の脂肪は
知らず知らず、大量に摂取しているものです。

 

おいしい料理には、だいたい 大量の脂肪が
あるものですからね。

 

 

 

脂肪は消化が難しい

 

現代人は 脂肪を過剰に摂りすぎています。

 

下痢が続く人にとっては これが、けっこう 問題です。

 

なぜかと言うと、 脂肪は、消化が難しいからです。

 

脂肪は、胃腸に入ると、すい臓から分泌される リパーゼ という
消化酵素を使って、分解されます。

 

肝臓から、胆汁という 消化液を分泌して、消化を促しますが、
この胆汁は、色が 黒い のが特徴です。

 

自分の ウンコを 確認してみてください。
色が、黒いウンコは、胆汁が出すぎている証拠です。

 

胆汁は、ウンコを黒くしてしまいます。
健康なウンコは、黄色っぽい色をしているのですが、
黒いウンコは、胆汁がですぎている不健康なウンコです。

 

胆汁が出すぎている ということは、
脂肪を摂りすぎている証拠なのです。

 

 

 

ウンコしたあと 何度も拭く人は、脂肪 とりすぎ

 

ウンコをしたあと、 おしり を何度も 紙でふき取る必要がある人は、
脂肪を摂り過ぎている証拠です。

 

脂肪が、分解されずに、肛門から 出てきてしまっているのです。
健康なウンコだったら、1回か2回で、ふき取れるくらいです。

 

ティッシュに べっちょり ウンコ が つく人は、脂肪を摂り過ぎてます。

 

 

 

植物性でも摂り過ぎはダメ

 

植物性だから といっても、脂肪は消化が難しい栄養素です。
それに、脂肪は、それほど多く取り入れる必要が無い栄養素です。

 

下痢を治す食事の理想系である 日本食の粗食 を続けていれば
必要な脂肪は、満たされます。

 

 

 

脂肪は腸を汚します。

 

脂肪は、消化が難しく、 オイルの特性からして、
腸に べっちょり と こびり付いて しまいます。

 

こびり付いた 脂肪は、腐って、腸内環境を汚します。
あとは、ご想像のとおり・・・。

 

 

とにかく、脂肪の消化は 胃腸の負担が 大きすぎます。
慢性下痢を治すには、脂肪の量を減らしてください。
 
脂肪を取り過ぎると、下痢が続いてしまいますよ。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

脂肪と下痢関連ページ

鉄分
鉄分と下痢 慢性下痢を治す方法
塩分
塩分と下痢の関係について
日光
下痢を治す日光浴 慢性下痢を治す方法
乳酸菌
乳酸菌と下痢
たんぱく質
たんぱく質と下痢
香辛料
香辛料と下痢 慢性下痢を治す方法
ビタミンB
ビタミンBと下痢
ビタミンE
ビタミンEと下痢
ビタミンC
ビタミンCと下痢
炭水化物
炭水化物と下痢
カルシウム
下痢を治すカルシウム