牛丼と下痢

牛丼と下痢

牛丼と下痢

慢性下痢と外食の分析と解説

 

 

 

 

 

牛丼と下痢

牛丼

 

 

牛丼といえば、外食のド定番ですね。
私も、たまに食べます。

 

さて、牛丼は、牛肉を炊き上げた具を
ご飯にかけた料理です。

 

牛丼には、もちろん 消化酵素はゼロであり
牛丼だけ食べる ということは、
肉と、白米を、自前の消化能力だけに頼って
消化吸収させることになってしまいます。

 

何度も繰り返し、言っておりますが、
慢性下痢体質の人は、胃腸の消化能力が
弱っているわけですから、「消化酵素がゼロ」の
食事を、してはいけません。

 

ということで、普通は、どの 牛丼ショップにも
生野菜サラダ があるはずですので
牛丼と、生野菜サラダのセットを必ず頼んで
一緒に食べてください。

 

そうすることで、サラダの消化酵素を摂取しながら
牛丼の消化を促すことができます。

 

また、牛丼は、たんぱく質、脂肪分、炭水化物
は豊富でも、食物繊維、ビタミンが不足しますので
必ず、生野菜をトッピングしなくてはダメですね。

 

牛丼は、美味しいですが、
牛丼だけ 食べる というのは、

 

腸内環境を、著しく悪化させるので、
生野菜サラダを必ず 一緒に食べることです。

 

尚、”酢”を使ったドレッシングを、たくさんかけて
サラダを食べましょう。

 

そうすると、酢の有機酸も補えて
消化を促せます。

 

 

 

 

余談として、

 

牛丼屋へいくと、いつも感じるのですが、
みなさん、牛丼食べるの、早すぎです!

 

早食い大会みたいです・・・。

 

早く食べる ということは、よく咀嚼していない証拠
ですから、気をつけてください。

 

咀嚼しないで食べると、消化不良に原因になります。
よく咀嚼することも、慢性下痢を治すテクニックのひとつ
だと理解してください。

 

 

牛丼と下痢






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

牛丼と下痢関連ページ

すし(寿司・鮨)
すし(寿司・鮨)と下痢
親子丼
親子丼と下痢
ハンバーグ
ハンバーグと下痢
カレーライス
カレーライス
ナシゴレンと下痢
ナシゴレンと下痢
カツカレーと下痢
カツカレーと下痢
ハンバーガー(アボガド)と下痢
ハンバーガー(アボガド)と下痢
焼きシャケ定食
焼きシャケ定食と下痢
ラーメンと餃子 下痢
ラーメンと餃子 下痢