ハンバーガー(アボガド)と下痢

ハンバーガー(アボカド)と下痢

ハンバーガー(アボガド)と下痢

慢性下痢と外食の分析と解説

 

 

 

 

 

 

ハンバーガー(アボガド)と下痢

ハンバーガー(アボカド)

 

 

外食の主役的な、ハンバーガーです。
世界の物価を知るのに、ハンバーガーの値段で
例えられることが、あるくらいですね。

 

今回は、そのメーカーのハンバーガーじゃないですが・・。

 

 

ハンバーガーは、

 

  • パン
  • チーズ
  • 少量の野菜

 

と、だいたい こんなレシピだと思います。

 

 

ハンバーガーの食べすぎは、
不健康につながる レッテルがあると思います。

 

そこのところを、分析したいと思います。

 

 

パンは、口当たりをよくするために
精製された小麦粉でつくった、パンです。
この写真のパンも、そうでしょうね。

 

精製というのいは、ビタミンの他に、
不溶性植物繊維を ほぼ除去されます。

 

不溶性植物繊維は、慢性下痢体質の人が
多く摂取すると、腸痛 や 下痢 につながりますが、
摂取不足 になると、今度は ウンコ がでなくなります。

 

不溶性植物繊維 というのは、
口当たりが、ザラザラ しているので、
外食では、ウケ が 悪い わけです。

 

だから、とくに、ファーストフードは、不溶性植物繊維を
除去した メニューになりがちですね。
売れなくなってしまうわけですからね・・。

 

 

 

 

 

つぎに、肉ですが、
肉は、ミンチになっている肉を、焼いているわけですから
通常のそのままの 肉よりも 消化は良いです。

 

が、やはり、脂肪を多く 混ぜ込んでいる でしょうから
ちょっと 動物性脂肪分の摂りすぎ といえますね。

 

動物性脂肪は、もっとも 消化が難しいですし、
腸内 に 残りやすい です。

 

それゆえに、腸内環境の悪化を招きやすい と言えるわけです。

 

 

 

チーズは、
これも、ほとんど 脂肪分 なので、
肉と同様、消化が難しく、腸内の環境を悪化させやすいです。

 

 

 

このハンバーガーは、

 

アボカドが、トッピングされてます。
唯一の野菜ですね。

 

アボカドは、植物性の脂肪分を
多量に含んでいるのですが、

 

その脂肪分は、分解されるように
脂肪分解酵素と、一緒に含まれているので
とても消化が良く、体内に、効率的に吸収されます。

 

でも、肉の脂肪分を分解できるほどの
パワーは無い とみて 良いですね。

 

だから、このハンバーガーを食べるなら
当然、

 

  • 食物繊維
  • 有機酸
  • 消化酵素

 

の不足となりますね・・・。

 

 

対策としては、
生野菜サラダを、別に注文して食べることでしょうね。

 

 

 

ハンバーガー(アボガド)と下痢






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

ハンバーガー(アボガド)と下痢関連ページ

すし(寿司・鮨)
すし(寿司・鮨)と下痢
親子丼
親子丼と下痢
ハンバーグ
ハンバーグと下痢
カレーライス
カレーライス
ナシゴレンと下痢
ナシゴレンと下痢
カツカレーと下痢
カツカレーと下痢
牛丼と下痢
牛丼と下痢
焼きシャケ定食
焼きシャケ定食と下痢
ラーメンと餃子 下痢
ラーメンと餃子 下痢