慢性下痢と外食の分析と解説 カレーライス

カレーライスと下痢の分析

カレーライス

慢性下痢と外食の分析と解説

 

 

 

 

 

カレーライス

カレーライス

 

 

カレーライスは、外食でも一般的ですね。
私も、よく食べます。

 

慢性下痢で、苦しんでいた時は、少し食べると
すぐ、お腹が、ゴロゴロで、ピーピーでしたので、
食べませんでしたが・・・。

 

この写真を、みて頂ければ解ると思います。
まず、すべて加熱されているので、
酵素は、ゼロです。

 

カレーライスは、ルーに、オイルをたっぷり
使用していますので、

 

脂肪分解の酵素を、大量に必要とするのですが、
生野菜が、無いため、酵素を分解するには
自前の消化酵素だけで、脂肪分を分解することになります。

 

この写真のカレーは、ビーフカレーですから、
牛肉の脂肪分もたっぷりです。

 

牛肉もゴロゴロはいっていて、美味しいのですが・・・
やはり、慢性下痢体質の人にとっては、
ちょっと、消化不良になりやすい外食となりますね。

 

 

また、カレーには、スパイスを使いますが、
あまり辛いカレーは、スパイスが、腸壁を刺激して
下痢を誘発しやすいので、辛いカレーにも注意が必要です。

 

慢性下痢体質が、重症な場合は、カレーは
控えた方が良い外食といえます。

 

 

 

このカレーライスには、スープがつきましたが、
やはり、生野菜に、酢を使ったドレッシングを
たっぷりかけて、一緒に食べたいところですね。

 

そうしないと、消化不良になって、
腸内環境が悪化してしまうでしょうね。

 

 

 

 

ご家庭で、カレーライスをつくるときは
必ず、キャベツなどの生野菜を添えてください。

 

また、ビーフカレーなどの肉類の具が入った
カレーライスをつくるときは、季節の果物を
デザートで食べることを、推奨しますね。

 

  • 生野菜サラダ (酢のドレッシングをかけて)
  • 果物

 

があれば、カレーライスでも、消化を助けられますので
慢性下痢体質の人でも、たまには食べてもOKです。

 

 

 

 

 

カレーライス






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

カレーライス関連ページ

すし(寿司・鮨)
すし(寿司・鮨)と下痢
親子丼
親子丼と下痢
ハンバーグ
ハンバーグと下痢
ナシゴレンと下痢
ナシゴレンと下痢
カツカレーと下痢
カツカレーと下痢
牛丼と下痢
牛丼と下痢
ハンバーガー(アボガド)と下痢
ハンバーガー(アボガド)と下痢
焼きシャケ定食
焼きシャケ定食と下痢
ラーメンと餃子 下痢
ラーメンと餃子 下痢