カツカレーと下痢

カツカレーと下痢

カツカレーと下痢

慢性下痢と外食の分析と解説

 

 

 

 

カツカレーと下痢

カツカレー

 

 

カレーは、脂肪分、たんぱく質が多く、消化酵素がゼロのメニューであり、
スパイスが腸壁を刺激するので、慢性下痢が続く人は、
推奨できない 外食のひとつです。

 

 

 

 

私、鈴木なゆたは、現在、慢性下痢を克服しておりますので
たま〜に、食べることがあります。

 

私が好きなのは、トンカツの乗ったカツカレーです。

 

揚げ物と、カレーのマッチングは、旨過ぎますからね・・・。

 

 

さて、慢性下痢改善の視点から、分析すると、
この写真のカツカレーは、

 

ありがたいことに、キャベツの千切り がついてきます。
キャベツは、消化酵素がふんだんに期待できる野菜ですから
カレーを食べる時には 必須 ともいえる野菜です。

 

ところが、この写真の配分では、
圧倒的に、生野菜の不足ですね。

 

このお店は、キャベツの千切りを、追加で
トッピング可能でしたので、この写真の2倍は、
追加して、食べたいところです。

 

 

カツカレーのトンカツは、豚肉を油で揚げているのですから
消化が、とても難しい 食品です。

 

自前の消化力だけで、消化するには、
消化能力のフルパワーが必要になるでしょうね。
消化力が弱っている、慢性下痢の人は、消化不良、確定です。

 

必ず、生野菜を追加でトッピングして食べてください。

 

生野菜を追加することで、

 

  • 消化酵素
  • 食物繊維
  • (酢のドレッシングをかければ) 有機酸 

 

を 補給でき、 消化、腸内環境に負担を軽減できるわけです。

 

 

 

 

 

カツカレーと下痢






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

カツカレーと下痢関連ページ

すし(寿司・鮨)
すし(寿司・鮨)と下痢
親子丼
親子丼と下痢
ハンバーグ
ハンバーグと下痢
カレーライス
カレーライス
ナシゴレンと下痢
ナシゴレンと下痢
牛丼と下痢
牛丼と下痢
ハンバーガー(アボガド)と下痢
ハンバーガー(アボガド)と下痢
焼きシャケ定食
焼きシャケ定食と下痢
ラーメンと餃子 下痢
ラーメンと餃子 下痢