すし(寿司・鮨)と下痢

すし(寿司・鮨)と下痢

すし(寿司・鮨)と下痢

慢性下痢と外食の分析と解説

 

 

すし(寿司・鮨)と下痢

すし(寿司・鮨)

 

すしは、外食の定番だと思います。
私、鈴木なゆたも、大好物です。 1ヶ月で7日は、すしです(笑)

 

すしは、

 

  • 生魚
  • 酢を使っている
  • 活きた栄養豊富

 

と、慢性下痢を治すための条件が、揃っています。

 

生魚は、消化酵素が死んでいないので、消化が抜群に良く、
胃腸を疲れさせませんし、腸の中で、たんぱく質が未消化になりにくいです。

 

を使ってますから、胃腸を活性化して、
これまた、慢性下痢に良し。

 

加熱しないことで、酵素、ビタミン、たんぱく質を
活きたまま、摂ることができるますから、これもまた良し。

 

 

デメリットを言えば、
冷えている! ということでしょうね。

 

どうしても、すしは、冷たい食べ物です。
冷たい飲食が、大量に胃腸に入ると、胃腸が冷えて
活動が、極端に悪くなります。

 

対策としては、ゆっくり良く咀嚼しながら食べること。
それから、あったかい汁料理 を食べながら。

 

もうひとつ、デメリットは、
食物繊維の不足ですね。

 

すしは、どうしても野菜が不足して、食物繊維が不足しがちです。
対策としては、ワカメを注文して、ワカメを食べることです。

 

すし店には、だいたい、生わかめを、酢で、あえた料理を
用意されてますから、同時に注文して、食べてください。

 

 

 

 

ps

 

鈴木なゆたは、すしが、大好物なので、ほとんど毎日
食べていたら、食物繊維不足となって、
ウンコが、3日くらい出ない という 超便秘状態になったことがあります。

 

急いで、ワカメ、オートミールなどで、補ったら、
すぐ、便秘状態は、治りました。

 

すしは、美味しいですが、食物繊維が、ほとんどゼロに等しいので
注意しましょう。

 

 

すし(寿司・鮨)と下痢






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

すし(寿司・鮨)と下痢関連ページ

親子丼
親子丼と下痢
ハンバーグ
ハンバーグと下痢
カレーライス
カレーライス
ナシゴレンと下痢
ナシゴレンと下痢
カツカレーと下痢
カツカレーと下痢
牛丼と下痢
牛丼と下痢
ハンバーガー(アボガド)と下痢
ハンバーガー(アボガド)と下痢
焼きシャケ定食
焼きシャケ定食と下痢
ラーメンと餃子 下痢
ラーメンと餃子 下痢