アイスコーヒーをのむと下痢をする

アイスコーヒーをのむと下痢をする

 

アイスコーヒーをのむと下痢をする説明をします。

 

日本人はアイスコーヒーが、好きですので、コーヒーの説明に
加えて、アイスコーヒーの説明もします。

 

 

アイスコーヒーは、キンキンに冷えているため、
のど越しが、さわやかで、美味しいですが、

 

胃腸を急激に冷やしてしまいます。
冷やされた胃腸は、血管が収縮して、
胃腸の働きが、鈍くなります。

 

また、消化酵素は、体温が37度のときに、
活発に働くため、体温を下げてしまう
アイスコーヒーは、消化酵素の働きも衰えてしまう
ことになります。

 

ですから、夏場、暑いからといって、アイスコーヒーばかり
飲んでいると、胃腸の働きが悪くなります。

 

よって 、アイスコーヒーをのむと下痢をする という結果になるのです。
下痢が続く人は、アイスコーヒーは、飲んではいけないのです。

 

 

それと、基本的に、慢性下痢を治している最中は、
冷たいものを飲食してはいけません。

 

常温か、ホットのものを、飲食してください。

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ