腸が汚れる原因

腸が汚れる原因

腸が汚れる原因 を説明します。

 

下痢が続く 第1原因

 

毎日の食事が適正でなく、胃腸が下垂して、腸が汚れいている。

 

腸が汚れていると、下痢が続く原因になってしまいます。
現在の人は、食生活がメチャクチャで、腸が汚れまくっています。
腸をキレイにしないと、下痢も治りませんし、今後、やばい病気につながりますので
注意してください。

 

 

 

 

 

腸が汚れるとは・・・?

 

腸が汚れるとは 何かを説明します。

 

腸が汚れるとは、食べたもの の 未消化物 の カス が腐って
腸壁に いっぱい たまっている状態です。

 

これを 宿便 とも言います。

 

想像するだけで、汚いですね。 
でも本当です。

 

どんな美人の人でも、どんなイケメンでも、
下痢が続く人は、腸が ウンコカス 宿便くん でいっぱいです。

 

下痢なのだから、全部出ている だろう と考えるのは
大間違いです。

 

正常に働いていない 胃腸は 大腸内にある ウンコ
を全部 排泄できません。

 

下痢をしても、スッキリしない人は 要注意です。
相当 ウンコカス 宿便くん が たまっているでしょうね。

 

なので、宿便がたまっている人の オナラ は テロレベル に 悪臭です。
腸内が 腐っている のですから、臭いのは 当たり前です。
もちろん 下痢便 も テロレベルに 悪臭です。

 

どんな 美人な女の子 でも 激クサ です。

 

 

 

 

腸が汚れると なぜ 下痢が続くのか?

 

腸が汚れると、 なぜ 下痢が続くのか を説明しますね。

 

 

腸内には、 良い菌  と  悪い菌 が  生存してます。
彼らを 腸内細菌 といいます。
人間の細胞の数よりも 腸内細菌の数が多い というからビックリですね。

 

良い菌は、善玉菌と言われていて、
乳酸菌やビフィズス菌 などが有名です。

 

悪い菌は、悪玉菌と言われていて、
ウェルシュ菌や大腸菌 が有名です。

 

 

善玉菌 と 悪玉菌 は、私たちの 腸の中で いつも 戦争してます。
善玉菌 VS 悪玉菌 ですね。

 

この戦争は、私たちの 健康に、直接 影響を与えています。
善玉菌が優勢になると、免疫力が上がったり、
食べ物をよく消化できたりしますが、

 

悪玉菌が優勢になってしまうと、免疫力が下がり、
食べ物を完全に消化できずに、宿便がたまってしまいます。

 

たまった宿便は、実は 悪玉菌の大好物です。
大好物のいっぱいある 環境では、
ますます 悪玉菌が優勢になって、善玉菌が劣勢になります。

 

こうした 負のスパイラル 腸内 になってしまっているのが、
あなたの 下痢が続く 腸 なのです。

 

 

悪玉菌に支配された腸内では、腸の機能が正常に
働かず、 下痢が起こります。

 

下痢が続くだけでなく、悪玉菌の排泄する 猛毒のウンコ が
腸から、吸収されて、体中に めぐります。

 

想像するだけで、気持ち悪いですね。

 

肌に ニキビ が多いとか、体臭や口臭が クサイ 人は
腸内の 悪玉菌が 排泄する 猛毒ウンコのせいです。

 

 

肌をごしごし 洗っても、 歯を磨いても、クサイ臭い は
とれませんね。  腸が 原因なんだから。

 

 

 

 

 

腸が汚れる原因

 

腸が汚れる原因 を説明しましょう。

 

腸が汚れるのは、 毎日の食べ物が 原因です。
腸が汚れる 食事内容 があるのです。

 

普段、私たちが、 食べるもの のほとんど が腸を汚す原因になっています。
そのあたりを 慢性下痢を治す方法 食事編  にて  公開してきましょう。

 

 

 

 

次は、 下痢が治る 食事内容 をお読みください。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ