慢性下痢を治す 間食

慢性下痢を治す 間食

慢性下痢を治す間食について説明します。

 

慢性下痢を治すために、間食が、必須なわけでは無いです。
食事に関しては、毎日の規則的な2回の食事だけで 治ります。

 

ところが、

 

  1. どうしても、お腹がすいてしまう場合
  2. 2回の食事だけでは、痩せてしまう人

 

のために、もっとも適した間食を説明しましょう。

 

 

 

 

慢性下痢のための間食とは・・・

 

間食を食べるなら、胃腸に悪影響の無い、
慢性下痢を改善するために、役立つ間食を選んでください。

 

私が、推奨するのは・・・

 

 

  1. オートミール
  2. ふすま(ブラン)のシリアル
  3. 国産の季節の果物(生)
  4. 国産のドライフルーツ(良質なものに限る)
  5. サツマイモ

 

 

以上です。

 

 

 

オートミールは、鍋で少し茹でる必要がありますね。
加熱しないと、下痢しますよ。
間食なので、味付けは、ご自由に。
私は、シンプルに、水で茹でて、塩だけで食べますね。
食物繊維が、とれまくります。

 

慢性下痢を治す 間食
私がいつも、買っている、オートミールです。
クエーカ社のです。でかすぎますね。
おじさんの顔が、怖いです。

 

慢性下痢を治す 間食
たっぷり入ってます。アメリカンサイズです。
たまにしか 食べないので、 なかなか減らないです。

 

 

プレミアム ピュア オートミール 300g.

 

↑お試しなら、この商品が良いです。サイズも日本人向けです。

 

 

 

 

ふすま(ブラン)のシリアルは、あまり美味しくないですが、
間食としては、最高です。

 

シリアルなので、牛乳を使う必要がでてきますが、
少量ですし、間食程度なら、悪影響は無いです。

 

私も、間食にブランシリアルは、良く食べてます。
その時使う、牛乳は、低脂肪乳を使ってます。

 

低脂肪乳の方が、腸に負担が、かからないです。
食物繊維が、とれまくりです。

 

ケロッグ オールブラン オリジナル 235g

 

 

 

 

国産の季節の果物なら、八百屋さんで、買って
生のまま食べるのは、良いでしょう。

 

ただし、外国産や、季節はずれの果物は、
食べ過ぎると、胃腸が冷えてしまうので、間食で食べる場合は
できるだけ 控えた方が 良いでしょうが、
間食程度の少量なら、あまり影響が無い とはいえますね。
実体験的にいっても・・・。

 

 

 

国産のドライフルーツも、良質なものなら
お奨めです。
インターネットで、買えますよ。
消化酵素こそ、とれないですが、食物繊維がとれますね。

 

 

 

サツマイモも、ふかしたり、茹でたりして
たべてください。できれば 皮つきで、食べることです。
食物繊維、がとれます。

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ