カレーと下痢

カレーは下痢するので注意だ

 

カレーと下痢の関係を説明しましょう。

 

カレーは、私も大好きですが、
下痢が続くうちは、食べないでください。

 

なぜかというと、
カレー は、 

 

  • スパイスが胃腸壁を刺激してしまう。
  • 脂肪分が多く、消化しにくい
  • 消化酵素がゼロ

 

という まさに 下痢を誘発しやすい食品にあたります。

 

カレーは、特に 脂肪分が多いですからね。
とても消化に時間がかかりますし、
スパイスが、腸壁を刺激してしまいます。

 

胃腸が弱く、下痢ばかりする人は、
カレーは禁物ですし、

 

これから、胃腸を強くしていこう という人にとっても
控えたい食品です。

 

下痢とカレー
旨そうな 欧風カレーです。

 

胃腸が強くなった私は、がんがん食べれます。
あなたも、早く胃腸を強くしていきましょう。

 

 

 

 

カレーを食べるときは・・・

 

どうしても カレーを食べる ことになってしまったら、
必ず、 生野菜サラダを 食べてください。

 

カレーは、脂肪分が多い上に、消化酵素が、全くない食品です。

 

ですから、 外部から 消化酵素 を補わないと、
消化不良になって、腸を汚してしまいます。

 

腸が汚れるのは、下痢が続く原因でしたね。
必ず、キャベツ、きゅうり、レタス などの消化酵素を
含んだ 野菜を同時に食べてください。

 

 

また、カレーは、辛いですから、水が欲しくなりますが、
水分を食事と同時にとると、消化液が薄まって
消化不良になります。

 

ですから、カレーを食べた直後や、食事中は
できるだけ 水を飲まないこと です。

 

 

 

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ