ガスと腹痛 原因

ガスと腹痛 原因

ガスと腹痛、その原因について、解説しましょう。

 

ガスってのは、オナラですね。屁ですね。

 

慢性下痢で悩む人の多くは、ガス頻発で、
悩んでいる人が多いです。

 

過敏性腸症候群ガス型! なって、カッコイイ名称が
つけられている程、よくある症状なのです。

 

下痢が続く原因を理解して頂ければ、
ガスがでて、腹痛になる原因もご理解頂けると思います。

 

 

 

 

なぜ?ガスが、でまくるのか?

 

ガスが出るというのは、正常なことで、犬も猫も屁をします。
通常のガスは、食事のときに、空気を大量に飲み込んでいるので
それが、ガスとして、出てくるのです。

 

しかし、通常のガスは、日常生活に困るほどでませんし、
腹痛になったりすることは、ありません。

 

 

問題は、異常なほど、でまくるガスです。
なぜ、ガスが出まくるのか というと、

 

消化不良なのです。

 

消化不良になると、未消化のたんぱく質や脂肪分が、
腸に移動して、悪玉菌のエサとなります。

 

悪玉菌が未消化のたんぱく質、脂肪を分解すると、
インドール、スカトール、アンモニアなどの 
毒性の強い液体やガスを排出します。

 

毒性の強い液体やガスは、悪玉菌のみが発生させるもので
消化が完全に行われ、腸内環境が良好なら、
ガスがでまくることは 無いのです。

 

 

ガスが大量に発生すれば、腸を圧迫して、
腹痛を起こすことになります。

 

また、毒で侵された腸内は、悪玉菌の天国である
アルカリ性に傾き、ますます、腸内環境が悪化し、
自家中毒を起こし、腹痛に至るのです。

 

 

この時に出る ガスは、激クサなので、
すぐに、腸内環境の悪化を自覚できるでしょう。

 

 

 

 

ちまたで、噂される、ガスの原因は、

 

  • 腸が冷えている
  • ストレス

 

などと、言われています。

 

たしかに
それは、ダメなことなのですが、

 

根本的な原因ではないのです。
その証拠に、腸を外部から温めて、ストレスをなくしても
消化不良を治さない限り、ガスと腹痛は、続くことになります。

 

 

ガスと腹痛の根本原因は、消化不良であるのです。
その治し方は、このサイト、メルマガを、熟読して
実行なさってください。

 

詳しくは、おならがとまらない激臭おならをご参照ください。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

ガスと腹痛 原因関連ページ

胃酸の低下について
慢性下痢の詳しい分析 胃酸の低下・酸度の低下について
胃酸過少と食中毒
胃酸過少と食中毒
胃酸をチェック方法
胃酸をチェック方法 慢性下痢を治す方法
胃腸の冷えと慢性下痢
胃腸の冷えと慢性下痢 慢性下痢を治す方法
消化不良
消化不良 原因の詳しい分析
貧血と慢性下痢
貧血と下痢
悪玉菌と下痢
悪玉菌と下痢
悪玉菌を減らすには
悪玉菌を減らすには
善玉菌を増やす方法
善玉菌を増やす方法
自律神経失調と下痢
自律神経失調と下痢
自律神経失調症 原因
自律神経失調症 原因
筋肉のコリと下痢
筋肉のコリと下痢
胃下垂 治し方
胃下垂 治し方
胃下垂チェック
胃下垂チェック
胃下垂の原因と砂糖
胃下垂の原因と砂糖
体 酸化 原因
体 酸化 原因