コンビニ弁当と下痢

コンビニ弁当は下痢する

 

コンビニ弁当と下痢の関係を説明しましょう。

 

コンビニ弁当は 慢性下痢体質になってしまうので、
食べてはいけません。

 

 

なぜ?コンビニ弁当が、下痢の原因となってしまうのか。

 

コンビニ弁当は、

 

  • 電子レンジで加熱するので、酵素がゼロ
  • 肉やフライものがメインのおかず
  • 脂肪分が大量

 

という まさに 下痢を誘発しやすい食品にあたります。

 

 

コンビニ弁当は、冷蔵されているため、食べるときに、
必ず電子レンジで、チンすることになります。

 

電子レンジで、チンをすると、中に入っている
生野菜のサラダも、酵素が死にます。

 

消化酵素のゼロの食事は、消化が悪く、
胃腸に負担をかけて、腸内環境を悪化させます。
腸内環境が悪くなると、慢性下痢になってしまいます。
これは、下痢が続く原因をつくることになりますよね。

 

 

 

また、売り上げを上げるため、高カロリー、高脂肪の
商品ばっかりです。

 

低カロリー、低脂肪は、美味しくないので、
売れないからです。

 

必然的に、肉のフライが多くなります。
高脂肪の、動物性たんぱく質を、おかずのメインにしてしまうと、
やはり、腸内環境が悪くなって慢性下痢の原因になります。

 

 

消化するのに、メチャクチャ体力を消耗する食事内容ですから、
食べた後には、胃もたれして、眠くなってしまうこと必至。

 

どうしても、食べないといけない状況なら、
必ず、生野菜サラダ も一緒に買って、食べてください。

 

 

 

余談ですが、コンビにで売っているような 野菜ジュースでは
野菜をとったことには、ぜんぜん なりません。
詳しくは、こちらをお読みください。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ