下痢を治す果物

下痢が続く人のための 下痢を治す 果物 大百科

下痢が続く人のための 下痢を治す 果物 大百科

 

慢性下痢を治すには、腸に溜まった ウンコカス 宿便を追い出し、
腸内環境を、常に良くしておく必要があります。

 

そのためには、下痢を治す食事に、
消化酵素たっぷりな 新鮮な果物を、ちょっとだけ加える必要があるのです。
量は、少しで大丈夫です。 たくさん食べることはありません。

 

消化酵素がもっとも含まれる食べ物は、果物です。
果物を、適度に食べて、胃腸をきれいにして、慢性下痢体質をとめましょう。

 

下痢を治す果物記事一覧

キュイフルーツと下痢について説明します。キュイフルーツは、アクチニジンという、強い消化酵素を含んでいる優秀な果物です。キュイは、日本の八百屋や、スーパーでも必ずおいてある人気商品ですから、手に入りますね。私は、だいたい、このように、2つに割って、スプーンでほじくって食べます。アクチニジンは、消化酵素の中でも、たんぱく質を、得意として消化してくれます。なので、肉料理などを食べてしまったときには、キュ...

パイナップルと下痢について説明します。パイナップルは、ブロメラインという、とても強い消化酵素を含んでいる優秀な果物です。日本人には、あまり、人気がないようで、スーパーにいっても、あまり売っていないですが、今は、インターネットで、質の良いパイナップルを売っていますので、オススメです。私は、いつもこのように カット をして、食べるようにしています。1回の量もだいたい このくらいです。パイナップルの消化...

アボカドと下痢について説明します。アボカドは、私も、たまに食べますが、ねっとりとした、コクのある果物です。アボカドは、消化酵素リパーセをたくさん含んでいます。リパーゼは、脂肪を分解するのを得意としています。ですから、脂肪分の多い食べ物と一緒に食べると、脂肪を消化不良させず、しっかり消化してくれます。日本人は、欧米人に比較して、リパーセを多く分泌しませんから、リパーゼを、外部から摂取できるのはかなり...

バナナと下痢について説明します。バナナは、日本では、すっかり市民権を得た人気果実ですが、私は体験的にいっても、オススメできない、NG食品に入ると考えてます。バナナには、炭水化物を分解する消化酵素を含んでいるので、一見価値がありそうですが、バナナ自体を消化するくらいの消化力はあるでしょうけど、他の食品を消化するほど強力じゃないです。そして、バナナは、南国産であり、強烈に、身体や内臓を冷やす作用があり...

オレンジと下痢について説明します。食後に、少量であれば、良い消化剤になります。ただし、食べすぎには注意が必要な果物です。オレンジの実の部分は、ほとんど水分で、原産が、ブラジルなどの温暖な気候の土地ですので、身体の熱を奪う果物となります。水分が多い、原産国が温暖な土地というのは、身体を冷やす果物の条件です。下痢が続く人は、内臓が冷えてますから良いとは言っても、少量に留めてください。ただし、当たり前で...

メロンと下痢について説明します。メロンは、私は、個人的に、味が好きじゃないので、あまり食べないですが、今は、メロンも安価なものがたくさん出回っていて、旬のものは、栄養価も高いので、一応オススメの果物です。メロンは、ククミシン という たんぱく質を分解する消化酵素が、たくさん含まれています。ですから、焼肉や、焼き魚などを食べ過ぎてしまった人は、下痢になる前に、メロンの消化酵素の力を借りると良いですね...

ドライプルーンと下痢について説明します。ドライプルーンは、プルーンを乾燥させて、水分の量を減らした食べ物です。水分の量を減らして、凝縮させているので、ドライプルーンは、生のプルーンよりも 身体や内臓を冷やす作用は穏やかになります。ドライプルーンは、身体(内臓)が冷えない果物 ということになります。しかし、肝心の消化酵素は、ほとんど、力が残っていませんので、食べる価値は、あまりないように思います。鉄...

アメリカンチェリーと下痢について説明します。アメリカンチェリーは、私の大好物です。日本では 6月ころに出回るフルーツですが、旬をすぎると、ぱったりと見なくなりますね。 残念です。アメリカンチェリーは、粒が小さく、やや硬めで、締まっています。こうした特長は、果物の割りに、身体(内臓)の熱を奪いにくい、冷やしにくい という 穏やかな果物ということになります。バナナや、パイナップル、オレンジのように、過...

りんごと下痢について説明します。私も、りんごは、よく食べます。りんご を選ぶ時に、大切なことはできるだけ 酸っぱい品種を選ぶことです。酸っぱくないりんごは、あまり効果が無いです。りんごは、日本では、青森とか、北の方で採れる果物です、硬く、締まっています。こうした条件は、身体の熱を奪いにくい特性があります。果物は、どんなものでも、だいたい身体の熱を奪います。ですから、あまり、食べ過ぎるといけません。...

グレープフルーツと下痢について説明します。結論から言うと、グレープフルーツは、食後に、少量であれば、良い消化剤となります。グレープフルーツは、美容や健康にとくに女性に人気の高いフルーツですが、かんきつ系の果物は、身体(内臓)の熱を奪う作用が強すぎるため、食べすぎは危険です。慢性下痢で胃下垂の人にとっては、悪化させてしまう要素があるのです。グレープフルーツは、酸っぱい果実ですから、胃酸の分泌を促しま...