下痢を治すパイナップル

パイナップル

 

 

パイナップルと下痢について説明します。

 

パイナップルは、ブロメラインという、とても強い消化酵素を
含んでいる優秀な果物です。

 

日本人には、あまり、人気がないようで、
スーパーにいっても、あまり売っていないですが、
今は、インターネットで、質の良いパイナップルを売っていますので、オススメです。

 

 

 

パイナップルと下痢
私は、いつもこのように カット をして、食べるようにしています。
1回の量もだいたい このくらいです。

 

パイナップルの消化酵素 ブロメラインは、たんぱく質の消化を
得意としていて、その力も、本当に強力です。

 

果物中、最強ともいえる消化酵素をもっています。
どのくらい強力かというと、 パイナップルを食べて、
そのまま口の中を放置すると、口のたんぱく質が消化されて
血がでてくるくらいです。

 

ですから、パイナップルを食べた直後には、口をゆすがないと
荒れてしまいます。

 

それだけじゃなく、食道も荒れますから、必ず、水をゴクッと
飲んで、パイナップルの果汁を、口や食道に残さないように
してください。

 

胃に入ってしまえば、心配ありません。

 

パイナップルさえ食べれば、消化不良になることはなく、
腸内環境を整えることができるのです。

 

それは、慢性下痢体質の良化に役立つ果物ということなのです。

 

 

ただし、パイナップルは、南国産の極陰性の食べ物ですから、
食べ過ぎると、身体が冷えて、胃腸機能が低下しますから、
注意してください。

 

食べるタイミングは、食後直ぐ! です。
そうすれば、胃の食べ物の消化助けてくれます。

 

空腹時に食べるのは、陰性すぎるので、ちょっと控えた方が良いでしょうね。

 

 

 

なお、缶詰のパイナップルは、消化酵素が死んでいるため、
食べても全く意味がありません。
必ず、フレッシュなパイナップルを買いましょう。

 

 

 

 

パイナップルを食べるときの注意

 

パイナップルは、本当に消化酵素が強いです。
ですから、空腹時に、いっぱい食べると、胃を痛めます。
私は、これで、けっこう失敗しました。

 

胃を保護するためにも、パイナップルは、食後すぐ
に食べてください。 食べ過ぎてもダメです。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

パイナップル│下痢関連ページ

キュイフルーツ
キュイフルーツと下痢の関係を説明します。
アボカド
アボカドと下痢の関係を説明します。
バナナ
バナナと下痢の関係を説明します。
オレンジ
オレンジと下痢の関係を説明します。
メロン
メロンと下痢の関係を説明します。
ドライプルーン
ドライプルーンと下痢の関係を説明します。
アメリカンチェリー
アメリカンチェリーと下痢の関係を説明します。
りんご
りんごと下痢の関係を説明します。
グレープフルーツ
下痢を治す果物について グレープフルーツ