慢性下痢を治す果物

果物でもOK

慢性下痢を治すためには、お酢を使った料理を食べるのが基本ですが、
お酢が苦手である という場合は、果物を使ってもOKです。

 

お酢の替わりになります。

 

ただし、果物は、いろんな種類がありますが、
条件があるので、覚えてください。

 

酸味の強い果物が最適です。

 

果物の酸味は、クエン酸が主成分ですが、
クエン酸を、多く含んだ、酸っぱい
果物が慢性下痢を治す効果が高いです。

 

お酢と違って果物は、甘味がありますから、
どうしても、食後のデザート的な扱いになりがちです。
ですから、基本はやっぱり 酢の料理 です。

 

酢は、日本、アメリカ、中国、アジア諸国、ヨーロッパ
の国々で、伝統的に使われてますし、
安価で手に入る 調味料 なので、基本は酢です。

 

どうしても、酢が苦手 という場合は、
果物で代用するようにしてください。

 

 

 

 

最適な果実は・・・

 

私が、実験して、体感した、日本で手に入る果物で
慢性下痢の改善に最適な果物は以下です。

 

 

【○ 最適 】

  • パイナップル
  • グレープフルーツ
  • オレンジ
  • レモン
  • みかん
  • キュイフルーツ 
  • かぼす
  • ぶどう
  • 苺 

 

以上、すべての 果実 で、甘いよりも 酸っぱいほど良い

 

と、考えてください。

 

 

 

 

 

逆に、慢性下痢にとって、効果が薄いと感じる果物は・・・

 

 

【× 不適 】

  • バナナ
  • りんご
  • プルーン
  • さくらんぼ
  • すいか

 

以上の、果物は、日本で一般的な、果物ですが、
比較的 甘い味が多く、お酢の代用には不適であり、
慢性下痢を改善する効果が無い と判断してます。

 

 

 

 

食後のデザートとしても

 

お酢が苦手ではなく、しかも果物も大丈夫
という場合は、お酢を使った料理の後に、デザートとして
酸っぱい果物 を 食べると 完璧です。

 

ただし、 早く治そうとして、食べ過ぎると
酸で、胃痛を起こしますから、
酢も果物も、適量を越さないようにしてください。

 

私、鈴木なゆたも、酢を使った料理の後に、果物を良く食べてます。
ちなみに、私が好きな果物は、パイナップルとキュイですね。

 

パイナップルとキュイは、酸味も強くて、消化酵素もふんだんなので
かなり重宝してます。

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ