慢性下痢で病院へ通う日々

慢性下痢で病院へ通う日々

慢性下痢 勃発 【序章】 からの続きです。

 

 

慢性下痢状態が勃発して、

 

下痢、下痢、下痢の毎日に
いよいよ 焦りだし
ついに、病院へいくことにしました。

 

まず、最初に相談へいったのは、
町の内科でした。

 

問診と、触診で、3分間くらいで
あっという間に、診察が終わり、「様子をみて・・」と
処方されたのは 整腸剤 でした。

 

もちろん効果が、あがるはずもなく
その後、病院を転々とすることになります。

 

必死に、ウェブサイトを検索して発見した
過敏性腸症候群を得意とする、胃腸科へ。

 

血液、バリウム、胃カメラ・・・ひととおり 全部検査
しましたが、 器質的な 異常は なし!
「過敏性腸症候群」 だろう とのこと。

 

精神安定剤と、下痢止め、整腸剤を処方されて
帰宅となりました。

 

下痢が、毎日続いていて、仕事もハードだったので
精神的に参ってはいましたが、その頃から
直感的に、「精神的な原因だけでない」 と考えていました。

 

ビニール袋いっぱい の 精神安定剤を 飲み終わっても
まったく 下痢は 改善しませんでした。

 

処方された お薬 を 自分で調べてみると、
すべて 今、苦しんでいる症状を緩和する 
対処療法的な 薬 でした。

 

「そういう もんなんだなぁ・・・」
と あきらめ と 落胆 を経験しました。

 

病院への相談では、
一向に、改善せず、改善に向かうヒントも得られず、
最終的に、病院通いは、止めてしまいました。

 

 

病院を、悪く言うつもりは ありませんが、

 

この時の、私の感想では、病院は検査をするところで
器質的な問題 が無い場合は、様子見 となるのが
マニュアルなんだなぁ と 妙に納得してしまいました。

 

でも、しょうがない とは 思います。
私の定義した 慢性下痢の原因は、採血や胃カメラ
では、表には出てこない ものだと 思うからです。

 

筋肉のコリとか硬結とか、体の酸化、腸内環境の悪化なんて
一般的、検査で、わかるわけ ないですからね・・。

 

 

さてさて、 そんなピンチの日々を送っていた私ですが、
その後、東洋医学、民間療法に、ド ハマり していく
ことになりますが、 その話は 次号に。

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

慢性下痢で病院へ通う日々関連ページ

慢性下痢 勃発 【序章】
慢性下痢 勃発 【序章】
市販薬にトライ&エラー
市販薬にトライ&エラー
慢性下痢と漢方薬
慢性下痢と漢方薬
半夏瀉心湯と慢性下痢
半夏瀉心湯と慢性下痢
桂枝加芍薬湯と過敏性腸症候群
桂枝加芍薬湯と過敏性腸症候群
胃腸薬は飲んではいけない
胃腸薬は飲んではいけない
整体を研究する日々 改善への一歩
整体を研究する日々 改善への一歩
整体の成功で気がついたこと
整体の成功で気がついたこと
慢性下痢 真実の原因
慢性下痢 真実の原因