桂枝加芍薬湯と過敏性腸症候群

桂枝加芍薬湯と過敏性腸症候群

半夏瀉心湯と慢性下痢からの続きです。

 

半夏瀉心湯で、ほとんど効果が無かった

 

私は、再度、処方してくれた病院へ

 

相談へいきました。

 

 

すると、今度は

 

桂枝加芍薬湯 (ケイシカシャクヤクトウ)」

 

という 漢方を処方されました。

 

 

 

 

 

桂枝加芍薬湯も また、

 

過敏性腸症候群と、珍談された患者に

 

処方される代表的な漢方です。

 

 

 

病院での処方は、顆粒タイプの薬剤ですね。

 

半夏瀉心湯と違って、桂枝加芍薬湯は、

 

虚弱体質向けの 適応ですから、

 

当時、体力が激減していた 私は、

 

かなり 期待して、服用していました。

 

 

桂枝加芍薬湯も、2週間ほど服用したはずですが、

 

残念ながら、

 

私には、効果を示しませんでした。

 

 

桂枝加芍薬湯は、

 

空腹時で飲むと、ちょっと胃がムカムカ

 

したような 記憶もありますね。

 

 

この後、 民間の漢方薬局などで

 

六君子湯
真武湯

 

なども、試してみますが、どれも

 

特効は無く、継続できませんでした。

 

 

漢方は、慢性病には、良く効くはずなのですが、

 

私には、合っていなかったのかもしれません。

 

 

それから、私の定義している

 

慢性下痢の原因からすれば

 

漢方のパワーだけでは、ちょっと無理があるのかも

 

しれません。

 

 

 

 

漢方薬を試してきた結果をまとめると

  • 効く人には効くが、効かない人は、まったく効かない
  • 名医との出会いが大切
  • 適合した漢方に出会うまで幾度の失敗を覚悟すること
  • 経費が割り高

 

 

ということに なるかと 思います。

 

 

 

 

それから、

 

「漢方薬は、天然のものであるから、

 

副作用が無く、安全で、

 

何年の継続して飲み続けている」

 

というのは 、 完全な誤解で、

 

薬理がある かぎり、副作用は必ずあります。

 

 

漢方であっても、長年、毎日飲み続けるのは

 

個人的には 間違った行動だと思っています。

 

 

 

 

漢方の思い出は、このあたりで、終わりたいと思います。

 

次号に続きます。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

桂枝加芍薬湯と過敏性腸症候群関連ページ

慢性下痢 勃発 【序章】
慢性下痢 勃発 【序章】
慢性下痢で病院へ通う日々
慢性下痢で病院へ通う日々
市販薬にトライ&エラー
市販薬にトライ&エラー
慢性下痢と漢方薬
慢性下痢と漢方薬
半夏瀉心湯と慢性下痢
半夏瀉心湯と慢性下痢
胃腸薬は飲んではいけない
胃腸薬は飲んではいけない
整体を研究する日々 改善への一歩
整体を研究する日々 改善への一歩
整体の成功で気がついたこと
整体の成功で気がついたこと
慢性下痢 真実の原因
慢性下痢 真実の原因