慢性下痢を治す方法  生魚を食べろ

生魚を食べろ

慢性下痢を治すためには、生魚を食べてください。

 

生魚を食べろ

 

慢性下痢を治すための、動物性たんぱく質は、
生魚が最適です。

 

生魚とは、つまり 魚のお刺身 ですね。
スーパーでも、お魚屋さんでも、手に入りやすい食材ですし、
調理の必要が無いので、重宝すると思います。

 

 

 

生魚を食べろ
スーパーでも簡単に手に入る魚の刺身。

 

 

私、鈴木なゆたも、生魚が好きで、良く食べています。

 

 

 

 

 

なぜ? 生魚?

 

なぜ、慢性下痢を治す食事として、生魚が良いのか・・・。

 

下痢が続く原因として、
胃酸の出、酸度が低く、腸内環境が悪いことが、ありますが、
胃酸の出、酸度が低い身体の状態だと、たんぱく質の消化が
たいへん難しくなります。

 

だからと言っても、ベジタリアンみたいな生活をするわけには
いきませんし、美味しくたんぱく質を摂取しなくては
いけませんよね。

 

そこで、実は、最も消化が良く、良質の動物性たんぱく質が
生の魚なのです。

 

生の魚は、酵素が活きていますので、
胃腸の消化能力に、負担をかけないで済むのです。

 

生の魚は、消化が悪い という イメージがありますが、
実は、そんなことは 無いのです。

 

砂糖や、みりんで、グツグツに込んだ 煮魚の方が、
圧倒的に、消化能力に負担がかかりますからね。

 

 

魚
煮魚、焼き魚は、美味しいですが、生魚より消化難

 

 

というわけで、慢性下痢体質を改善するには、
食事中に、生魚をオカズにして、摂取するようにしてください。

 

良質のたんぱく質 他、ミネラル、脂質を 消化吸収よく
身体に取り入れることができます。

 

 

 

 

 

消化が良いのは、腸内環境にも良い。

 

消化が良い ということは、腸内環境にも良いのです。
たんぱく質 や 脂肪分は、最も消化に 負担がかかる

 

栄養素ですが、生魚であれば、酵素が活きてるので、
消化、吸収が、楽になります。

 

完全に消化された、たんぱく質、脂肪であれば、
腸内環境を荒らさないため、腸内環境を
良くしてくれます。

 

 

 

 

 

寿司も良い。

 

生魚を食べろ

 

生魚の料理 といえば、日本代表ともいえる、寿司がありますが、
寿司は、生魚と、が同時に摂れる、優れた料理です。
私、鈴木なゆたも、寿司が大好物で、良く食べに行きます。

 

ただし、寿司だけだと、生野菜や、食物繊維が不足しますし
食品全体の温度が、低く、冷えている料理 ですので、
ちょっと胃腸が冷えてしまいます。

 

もし、寿司を食べるなら、生野菜サラダをプラスして、
海草をたっぷりいれた、味噌汁を飲みながら
食べるのが、慢性下痢を治すコツでしょう。

 

 

 

生魚を食べろ
外食ではオススメですが、ちょっと胃腸が冷えますね。

 

 

寿司は、外食をするなら、オススメ というだけで、
毎日食べて欲しい、料理 というわけでは
無いですので、いちおう、ご認識ください。

 

 

 

 

また、寿司は寿司でもネタによって、消化が悪いものもありますので
注意が必要です。

 

私がオススメするのは 特に 白身の魚です。

 

◎白身の魚
○赤みの魚

 

消化が悪いので、ちょっと控えた方が良いのが・・・

 

×イカ
×タコ

 

になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生魚を食べろ

 

鈴木なゆたは、市場に、マグロの解体ショーを見に行ってしまうくらい
魚好きです。 ここで、ふるまわれる マグロの中オチ (無料)
が、激ウマなのです。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ