おでんは、慢性下痢体質を治せる

おでん は 慢性下痢を治す!

 

おでんについて、説明しましょう。

 

おでん は、大根、練り物、たまご、はんぺん
などの 具材を、何時間もかけて、コトコト
煮込んだ 料理です。

 

実は、このお馴染みの おでん は
具財が長時間、煮込まれたことによって

 

身体をガンガンに暖めてくれます。
胃腸が弱い人は、私もそうでしたが、身体がとても
冷えています。

 

おでんは、身体を温めてくれる良いおかずです。
大根などの、食物繊維の豊富な食材も多いですから
お奨めの、おかずです。

 

 

 

 

ただし、おでん を食べるときに注意があります。

 

おでん は、 当たり前ですが、 消化酵素がゼロ です。

 

ですから、消化酵素がたっぷりの 
生野菜や、お漬物、少量の季節の果物を
添えるようにしてください。

 

家で、自炊するおかず としても良いですし、
外食でも、なかなか 良質なお料理といえますね。

 

ただ、何度も 繰り返しますが、
消化酵素が無い食品ですので、必ず、サラダなどを
プラスすることですね。

 

あと、 美味しいから といって 食べ過ぎないこと。

 

とくに、練り物系のおでん は、たんぱく質が豊富なわりに
消化酵素が無いわけですから、消化不良になりやすいです。

 

 

慢性下痢を治すために、推奨する おでんの具のランキングです。

 

  1. 大根
  2. コンブ
  3. しらたき
  4. 厚揚げ

 

圧倒的な1位は、大根です。
食物繊維が多いのに、消化が良く、
根野菜の引き締める作用が、胃腸を強くします。

 

私は、味的にも、一番好きなのは、大根ですね。
やっぱり・・。

 

 

 

関係ない 話ですが、 私は、
コンビニのおでん は、 なんか ちょっと苦手です・・・。

 

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ