緑茶で下痢

緑茶と下痢

 

緑茶で下痢する関係を説明しましょう。

 

緑茶は、世間的には、健康に良い! のような
イメージがありますが、

 

下痢が続く、慢性下痢の人は、NGの食品になりますので、
ご注意ください。

 

緑茶といえば、健康飲料じゃないか!
日本人は緑茶じゃないか!
と怒り出す人もいそうですが、理由はこうです。

 

 

  • 緑茶の成分タンニンが胃腸を荒らす
  • カフェインが、交感神経を刺激して胃腸機能が低下

 

このように、緑茶は、下痢が続く人にとっては、
NGな飲み物になるのです。

 

緑茶は、日本人が古来から、飲んでいたじゃないか!
と思われそうですが、

 

実は、古来の日本人庶民は、
ほとんど飲んでいませんでした。

 

緑茶は高級品だったからです。
日本人の庶民が飲んでいたのは、麦茶などの
雑穀なを炒ったお茶でした。

 

ですから、緑茶は、けっこう最近になって、
飲まれ始めたのです。

 

緑茶は、意外に カフェインが豊富で、胃腸の働きをコントロールする
自律神経の働きを狂わせる原因になります。

 

コーヒー同様、食後に飲んだりすると、交感神経がたかぶって、
胃腸の働きを鈍くさせます。

 

 

 

タンニンは、人にとって健康成分じゃない!

 

緑茶の成分に タンニン がありますが、
タンニンというのは、知れば知るほど、健康成分じゃない ことがわかります。

 

人間にとっては、有害ともいえます。

 

タンニンは、緑茶に 渋み を与える成分になります。
なぜ、緑茶が タンニンをもっているか というと

 

緑茶葉が、自分の生命を守るためなのです。
茶葉を虫に喰われないように、タンニンという微量の毒を
葉に生成させたのです。

 

それを人間は、渋み として感知して、
美味しい と言っているわけです。

 

ですが、タンニンは 毒 ですから、
やはり、胃腸に負担をかけてしまいます。

 

タンニンを摂りすぎると、胃腸が荒れることが、
内視鏡の検査などでもハッキリされています。

 

 

 

緑茶は嗜好品として、楽しむ程度にして、
日々、常飲するのは、絶対にやめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ