市販の野菜ジュースで下痢

市販の野菜ジュースと下痢

 

 

市販の野菜ジュースで下痢する関係を説明しましょう。

 

市販の野菜ジュースは、世間的には、健康に良い! のような
イメージがありますが、

 

下痢が続く、慢性下痢の人は、NGの食品になりますので、
ご注意ください。

 

市販の野菜ジュースといえば、健康飲料じゃないか!
と、言われてしまいそうですが、まちがいです。

 

 

市販の野菜ジュースは、

 

  • 消化酵素が、100パーセント死んでいる。
  • ビタミン類も、低くなっている

 

 

という特徴があります。
これは、下痢が続く人には、やばすぎる条件です。

 

 

市販の野菜ジュースは、

 

缶詰、パック詰、瓶詰、ペットボトル詰
されているものです。

 

こうした 詰め物 にされて 市販されている商品は、
法律上、熱で殺菌してから、出荷さえるように義務付けされています。

 

 

消化酵素は、熱にたいへん弱く、50度以上の加熱で
失活して、死んでしまいます。

 

死んだ消化酵素は、たんなる たんぱく質のひとつとなり、
食べたものを消化するような能力が ゼロ になります。

 

 

つまり、市販されている野菜ジュースは、消化酵素がゼロ
という 飲み物になるのです。

 

 

また、ビタミン類も熱に弱いものですから。
熱処理された時点で、半分以下になっています。

 

かろうじて、消化酵素よりもビタミン類の方が熱に強いので
多少は、残っていますが、わざわざ飲むメリットは無いです。

 

 

また、そうなりますと、市販の野菜ジュースは、
野菜の良いところ がすべて そぎ落とされた
単なる 陰性な液体 ということになります。

 

 

これでは、健康のために飲んでいるのか、
よくわかりませんね。

 

 

糖分だけは、しっかり残りますから、
野菜ジュースは、酵素やビタミンの無い、
砂糖水ということになります。

 

 

私も、健康になろうとして、市販の野菜ジュースを
ガブガブ飲んでいましたが、

 

胃はもたれるし、下痢は治らないし、
身体は冷えてくるし・・・ でたいへんでした。

 

 

野菜ジュースは、 野菜を買ってきて
自分で、つくるのが一番です。

 

健康になれる と思って
飲んでも 健康になれない 代表のような食品です。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ