下痢を治す蕎麦

下痢が治る外食 蕎麦

 

 

下痢を治す外食 として最適なのが 蕎麦 です。 

 

外食ともなると、高脂肪の肉料理ばかり
ですから、慢性下痢の人は、なかなかたいへんです。

 

そこで、私が、オススメする 外食が

 

蕎麦 です。

 

 

 

 

蕎麦は、もりそば で食べてください。

 

蕎麦は、かけそば、てんぷらそば など いろいろ ありますが、
最もシンプルな もりそば を注文してください。

 

ここで、欲張って、 てんぷらそば を頼んでしまうと、
胃腸が汚れて、何にもなりません。

 

必ず もりそば です。

 

もりそば は、慢性下痢体質を治す最高の食べ物です。

 

 
【私のよくいくお蕎麦屋の もりそば です。 うまいです。】

 

 

 
【シンプルな もりそば が一番です。】
 

 

温かい おそば である かけそば はどうかというと、
下痢が続く人は、胃腸の機能が弱っているため、
汁と固形物を一緒に食べない方が良いのです。

 

かけそば は、汁の中に蕎麦が入っているので、
どうしても、大量の水分を食事中に飲んでしまうことになります。

 

できるだけ、食事中は水分を摂らない方が、胃腸にとって負担になりません。
食事中、食後すぐは、水分の摂取は控えるのが常識です。
食後に水分をとると下痢する をご参照ください。

 

 

 

 

 

サラダも食べた方がよい。

 

もりそば は最高 ですが、
ひとつ 問題なのが、 生の食品 が無い
ということです。

 

つまり 消化酵素がゼロ。

 

生の食品が無いと、 外部からの 消化酵素 が不足して、
消化が悪くなります。

 

蕎麦屋に、無い場合もありますが、できるだけ
生野菜サラダ を頼むか、 おしんこ を頼みましょう。

 

そうすれば、外部から 消化酵素を摂取できます。

 

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ