豆腐を食べろ 慢性下痢を治す方法

豆腐を食べろ

慢性下痢を治す食事として 豆腐を食べてください。

 

豆腐は、日本だけじゃなく、台湾、中国、アジア圏では、
一般的な食材です。

 

健康志向が高まる、欧米のスーパーでも、普通に売っているようですね。
そういえば、真空パックされた、アメリカ製の豆腐をお土産で
もらったこともあります。 味は、普通の 絹ごし豆腐でしたね。

 

 

あなたが、日本在住でしたら、豊富な種類の豆腐を、
スーパーで、カンタンに手に入るはずですから、
どんどん、活用してください。

 

 

 

 

慢性下痢を治す食材 豆腐

 

なぜ、豆腐が、慢性下痢を治す食材なのか・・・・。

 

豆腐は、

 

  • アルカリ性食品
  • 吸収の良い植物性たんぱく質のカタマリ
  • カルシウムが豊富
  • 加熱すれば、胃腸を暖める効果
  • オリゴ糖含有

 

と、まさに下痢が続く原因を、除去するともいえる、
スーパーフードと言えるのです。
しかも激安ですしね。

 

 

 

 

豆腐を食べろ
沖縄のお豆腐。 美味しい! 関東で売ってません。

 

 

 

 

●アルカリ性食品
豆腐の原料は、大豆ですが、大豆は、アルカリ性の植物です。
その大豆を主体とした、豆腐は、酸化した身体を中和できる
アルカリ性の、食品です、

 

 

●吸収の良い植物性たんぱく質のカタマリ
たんぱく質は、消化が難しい栄養素です。
豆腐のたんぱく質は、消化吸収の良い状態になっているのです。
また、植物性のたんぱく質は、腸内で悪玉菌のエサにならないので
肉のように、腸内環境を悪化させません。

 

 

●カルシウムが豊富
自律神経を整え、酸性化した身体を中和するのは、カルシウムです。
そのカルシウムが、豊富に含まれているのが豆腐なのです。

 

 

●加熱すれば、胃腸を暖める効果
加熱すれば、豆腐自体に、熱を含み、
冷えた胃腸を暖めてくれます。
慢性下痢の人は、胃腸が冷えているので、最適です。

 

 

●オリゴ糖含有
善玉菌のエサとなり、善玉菌を、超パワーアップさせる
オリゴ糖を、含有しているのが、豆腐です。

 

 

と・・・、慢性下痢体質を治すには、最適すぎるほどの
スーパーフードと言えます。

 

 

 

 

 

必ず 加熱して食べろ

 

豆腐は、通常、冷蔵されている食品ですが、
そのまま食べるのは、ダメです。

 

必ず、加熱してください。

 

茹でるのが、いちばん 楽で、豆腐の味そのものを楽しめます。
私は、だいたい茹でて食べてます。

 

調理は工夫ができそうですから、
いろいろ試してみてください。

 

 

 

 

フィチン酸は気にするな!

 

豆腐は、フィチン酸、という物質が含有されているとして
豆腐を、不健康な食品である  と言っている 健康オタクな 連中がいます。

 

なぜかというと、豆腐に含まれるフィチン酸 (正確にはフィチン)
は、鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル分の
吸収を阻害してしまう というのが理由です。

 

ところが、現在の研究では、フィチン酸は、
ミネラルの吸収を阻害する作用が無いことが
わかっています。

 

健康オタクの狂言は無視して、
安心して、豆腐を食べてください。

 

 

 

 

 

 

鈴木なゆた、オススメ調理方法

 

私、鈴木なゆたが、オススメする
豆腐の食べ方は、カンタンです。

 

 

豆腐を食べろ

 

茹でて、酢・醤油をぶっかけるダケ 

 

は、豆腐の栄養素の消化吸収を良くしてくれるので
最高の組み合わせです。

 

こんなにカンタンなのに、慢性下痢を治す最高のおかずになります。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ