慢性下痢を治す方法 漬物を食べろ

漬物を食べろ

慢性下痢を治すために、 漬物を食べろ

漬物を食べろ

慢性下痢を治すためには、野菜の漬物を食べてください。
私、鈴木なゆたは、ぬかづけ を 自分で漬けたり、
買ってきたりして、食べています。

漬物の中では ぬかづけ が最強です。

ぬかづけ は、 管理が、超!メンドクサイです。
ぬか が 、 すぐ ベチャベチャになってしまうので
独身の人とか、めんどくさがりの人は、たぶん、
管理できないと思います。

そんな人のために、良い方法があるので
やってみてください。





なぜ? 漬物?

慢性下痢を治すために、なぜ 漬物が必要なのか 説明しましょう。
それは、植物性の乳酸菌の補給のためです。

野菜不足を補うため では ありません。
あくまでも、下痢が続く原因の一つである、悪玉菌に支配された腸の
状態を改善させるために、少量食べればOKです。

乳酸菌といえば、ヨーグルトが有名ですが、
私、鈴木なゆたは、ヨーグルトを推奨してません。

ヨーグルトは、たしかに、乳酸菌も摂取できますが、
同時に大量の 乳脂肪と、乳たんぱく質 をとることになり、
日本人の胃腸にあってないデメリットがあります。

ですから、先祖の時代から、牛乳に馴染みのある国では
ヨーグルトは、たいへん勧められますね。
ただ、日本人にはイマイチです。

あと、ヨーグルトは、普通、冷蔵庫で、ギンギンに冷えているため
ヨーグルトを食べると、胃腸が冷えて消化不良気味になってしまうのも
難点でもあります。

私は、すきっ腹に、ヨーグルトを食べると、胃腸が冷えて
下痢になることがありますからね・・・。

という ことで、馴染みの良い、植物性乳酸菌の摂取として
漬物が最高なのです。






少し食べればOK

漬物は、食事中に、少しだけ食べればOKです。
大量に食べれば、早く、慢性下痢が治るということは無いです。

漬物を、
少し食べただけでも、植物性乳酸菌は、胃酸や消化酵素に
強いため、腸に入って、自己増殖します。

ですから、大量に食べたりしないようにしてください。
漬物もだいたい、冷蔵庫で冷やされている食品ですから、
ギンギンに冷えた漬物を大量に食べると、胃腸が冷えて消化不良に
なるので、やめてくださいね。








超カンタン!キャベツの塩漬け

私が、オススメする、漬物は、ぬかづけ です。
しかし、ぬかづけ は、管理が、超メンドクサイです。

実は、私も自分で漬けたり、嫌になって、ぬか ごと捨てちゃったりしてます。
そして、惣菜屋さんで、買ってきたりしてます。

慢性下痢を治すノウハウとして、手間がかかり過ぎるのは
排除しようと 思ってますので、
ぬかづけ は オススメ ですが、正規のノウハウからは外してます。

私が、オススメするのは、超カンタン!キャベツの塩漬けです。
キャベツには、もともと乳酸菌が付着していますから、キャベツを塩と一緒に
1日〜3日、寝かすことで、さらに乳酸菌が増えます。

これで、カンタンに植物性乳酸菌を摂取することができるようになります。
キャベツの塩漬けは、理想的な植物性乳酸菌食品なのです。




★カンタン キャベツの塩漬け
漬物を食べろ
キャベツを適当に切って、ビニール袋に入れます。
ビニール袋は、清潔なものであれば、何でもOK ですが、
一応、汁がでてくるので、ジップロックがオススメです。

ジップロック フリーザーバッグ 中 54枚入



漬物を食べろ
塩を適量入れて、もみます。
そして、冷蔵庫で1日〜2日寝かせます。

漬物を食べろ
適当に漬けられたら、食べてください。
乳酸菌たっぷりです。

超カンタンですが、キャベツのもっている植物性乳酸菌を
効率的に摂取できます。








【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ