うどん│下痢

うどん と 下痢の関係を説明します。

 

 

うどん と 下痢の関係を説明しますね。

 

うどん は、外食でもカンタンに食べることができる
日本食です。

 

うどん というと 汁の中にうどんの麺が入った
いわゆる かけうどん が主流ですが、

 

下痢で悩んでいる人は、 かけうどん
は、できるだけ 食べてはいけません。

 

なぜかというと、 汁もの は、
食事中に、たくさんの水分を飲み込む
ことになってしまうからです。

 

固形物と、多量の水分を同時にとると
胃腸の弱い人は、消化不良となり、下痢になります。

 

ですから、私が、最もオススメする うどん は
汁なし の うどん です。

 

私も大好きなので、よく食べます。
つけ麺みたいに 食べるタイプのうどん や

 

かま玉 といって、卵と麺をあえただけ の
シンプルな うどんも あります。

 


私も大好きな かま玉うどん です。
汁が無いタイプの うどん ですので、消化も良いです。

 

 

 

 

 

うどんと下痢
私がよく 食べにいく うどん屋のうどんです。
ひき肉 と のり と てんかす と たまご がのってます。

 

 

うどんと下痢
汁はなく、麺を汁につけて食べるタイプです。
このタイプの うどん であれば、汁を大量に飲まないので、
消化不良になりにくいです。

 

ただ、このメニューですと、消化酵素が全くありません。

 

うどん を自炊される場合は、
炭水化物を分解する酵素をたくさん含んだ
野菜(山芋・キャベツ・かいわれ)のサラダを
同時に食べるようにしてください。

 

外食された場合は、サラダを注文することが
必須です。

 

しかし、ムリな場合は、消化酵素剤を
飲まれる方が安全でしょうね。

 

 

下痢を治す ”消化酵素について”

 

 

 

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ