下痢を治すごぼう 

ごぼうと下痢

 

 

ごぼうと下痢の関係を説明します。

 

 

ごぼう

 

ごぼう は、根っこの植物ですから、地下の養分を吸引するという
強いパワーをもっています。

 

この吸引・吸収するパワーは、内臓を暖める作用があります。
ごぼうは、慢性下痢体質を治すパワーはあります。

 

オススメは、写真にあるように、きんぴらごぼう です。
きんぴらごぼう は、フライパンがあれば、カンタンに作れます。

 

できるだけ、時間をかけてつくるのがコツではあります。
熱を加えれば加えるほど、内臓を与えるパワーが宿るからです。

 

 

ごぼうは、
食物繊維が、野菜のなかでは、驚異的に含まれている
食物繊維のカタマリです。

 

 

でも、ごぼう には 実は、弱点があります。
それは、繊維が頑丈で、胃腸が弱い人には、お腹がゴロゴロしやすい
食品なのです。

 

ごぼうの繊維は、セルロースというのですが、
セルロースは、分解できる消化酵素を、人はあまり
もってません。

 

ですから、胃腸を強化するための きんぴらごぼう は、
繊維の長さを短くするように 5ミリくらい厚さの 輪切り にして
ごぼう をカットすることです。

 

 

5ミリくらい厚さの 輪切り にすれば、
消化もよくなりますし、腸を刺激しなくてすみます。

 

 

この調理方法をつかっても お腹がゴロゴロする人は、
ごぼう は、ちょっと控えた方が良いかもしれません。
セルロースを分解する消化酵素が、少ない体質かもしれませんので。

 

にんじん で 代用できるので、ご安心ください。

 

 

 

私も ごぼうを 縦に長く切っていたころは、きんぴらごぼう を
食べた後に おなかが ゴロゴロしました。

 

が、5ミリくらい厚さの 輪切にして、調理したところ
ゴロゴロがなくなりました。

 

ぜひ 陽性のスーパー野菜 ごぼう を使って
下痢体質を治してください。






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ

ごぼう │下痢関連ページ

大根
下痢を治す大根の説明です。
山芋
下痢を治す山芋の説明です。
キャベツ
下痢を治すキャベツの説明です。
トマト
下痢を治すトマトの説明です。
キュウリ
下痢を治すキュウリの説明です。
人参
下痢を治す人参の説明です。
じゃがいも
下痢を治すかいわれ大根の説明です。
なす
下痢を治すなすの説明です。
長ねぎ
下痢を治す長ねぎの説明です。
生姜
下痢を治す生姜の説明です。
ピーマン
下痢を治す野菜の説明です。
豆乳
豆乳は下痢になります。