ヨーグルトで下痢

ヨーグルトと下痢

 

ヨーグルトで下痢する関係を説明しましょう。

 

ヨーグルトは、世間的には、胃腸の 強い味方? のような
イメージがありますが、

 

下痢が続く、慢性下痢の人は、NGの食品になりますので、
ご注意ください。

 

ヨーグルトといえば、お腹の調子を整えるじゃないか!
と怒り出す人もいそうですが、理由はこうです。

 

 

  • 脂肪分が、多く消化が難しい
  • 乳糖が、下痢の原因になる
  • 陰性すぎる食品

 

このように、ヨーグルトは、下痢が続く人にとっては、
やっかいな食べ物になるのです。

 

脂肪分が多いですから、消化が難しく、消化不良になりがちです。
日本人は、もともと 脂肪を分解する 消化酵素 を多くもっていません。

 

日本人が多くもっている酵素は、アミラーゼなどの 炭水化物を
分解する 消化酵素です。

 

古来より米食であったからです。

 

 

ヨーグルトは、牛の乳から、製造するのですが、
そもそも牛乳を飲むというのは、かなり不自然な行為で、
日本人には、向いていません。

 

乳製品には、乳糖 という 糖分が入っていますが、
この乳糖は、ラクターゼ という 消化酵素が無いと
分解できないのです。

 

分解できなかった 乳糖は、腸で 異物 扱いとなって
お腹がゴロゴロしはじめます。
そして、下痢が誘発されます。

 

ヨーグルトの
乳酸菌は、たしかに有益なのですが、
乳酸菌は、野菜などから
とることが、望ましいです。

 

また、
ヨーグルトは、冷やして食べる食品ですから、
粘性が高く、冷えたヨーグルトが、胃腸に入ると、
急激に、胃腸を冷やし、胃腸を弱らせてしまいます。

 

 

したがいまして、ヨーグルトは、下痢が続く慢性下痢体質の
人には、向いていない NG食品のひとつ となります。

 

注意してください。

 

かつて、私、鈴木なゆたも、ヨーグルトで
胃腸を強くしようと、思って、たくさん食べていましたが、
下痢が悪化するだけでした。

 

 

 

 

 

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ