慢性下痢の時は湯豆腐

湯豆腐は、慢性下痢を治すスーパーフードだ!!

湯豆腐は、慢性下痢を治すスーパーフードです。

 

慢性下痢の時は湯豆腐
酢と醤油をかけただけのシンプルな味付けの湯豆腐

 

 

 

私は、下痢を治すたの食事として、豆腐を食べること
推奨しています。

 

豆腐は、慢性下痢を治すための
良質な栄養素を手軽に、安価に、消化・吸収よく
摂取することができる食品だからです。

 

豆腐の調理の方法は、いろいろ工夫ができるはず
ですが、私が、一番オススメしているのが

 

シンプルな、湯豆腐です。

 

 

豆腐が、とても有効だからといっても、
冷奴のような、冷たいままの豆腐は、胃腸を冷やして
しまいますので、必ず加熱して、食べなければいけません。

 

豆腐には、もともと ”身体の熱を奪うエネルギー” を
もっていますから、必ず、火を通して、そのエネルギーを
相殺してあげなければ、ダメです。

 

慢性下痢をしている人の胃腸は、冷えていて 機能が低下
しているわけですから、むやみに、胃腸を冷やしては
いけません。

 

 

 

 

カンタンな調理が、重要である

 

私は、調理は、シンプルで、カンタンであることが
重要であると 考えています。

 

慢性下痢を治すために、
料理のスキルが、必要なノウハウは、
万人向け とはいえませんし、

 

仮に、料理のスキルがあったとしても、
毎日、手の込んだ料理をつくることは、
負担になって、続かないからです。

 

ですから、私のノウハウは、カンタンでシンプル!
を目指して、体系化しております。

 

私は、そうとう ずぼら です。
そんな 私でもできる 料理方法を教えておりますので
あなたも 安心して 取り組んでください。

 

 

湯豆腐は、豆腐を加熱して、調味料につけるだけ ですから
これ以上、シンプルで、カンタンな料理はないですね。

 

 

 

 

調味料は、酢を使え!

 

慢性下痢を治す、調味料として 酢 を、推奨しています。

 

酢は、腸内環境を整え、酸性化した身体を中和します。
胃酸を正常化する能力もあります。

 

なぜ 豆腐と 酢が相性が良いか というと、
豆腐のカルシウムの吸収を促進してくれるからです。

 

カルシウムは、酸化を中和する栄養素の代表ですが、
吸収率が悪いのが、デメリットです。

 

そのカルシウムを吸収しやすくしてくれるのが、”酢” なのです。

 

 

 

慢性下痢を治すために、「木綿豆腐」が、推奨。

 

慢性下痢の時は湯豆腐
カルシウムなどのミネラル分が豊富な木綿豆腐

 

 

 

豆腐は、

 

  • 木綿豆腐
  • 絹ごし豆腐
  • 寄せ豆腐

 

などなど、 いろんな種類がありますが、
慢性下痢を治すためには、好きなものを選んで
いただいてOKですが、

 

私、鈴木なゆたが、オススメするのは
木綿豆腐です。

 

木綿豆腐は、圧縮されている分、
カルシウムなどのミネラル分が豊富になっています。

 

慢性下痢を治すためには、
身体の酸化を中和しなくてはいけないので、

 

カルシウムが豊富な、
木綿豆腐は、オススメなのです。

 

 

 

 






【スポンサードリンク】

 

下痢が続く、慢性下痢を治す方法 【下痢治すドットコム】 TOPへ